銀髪になったけど質問ある?

読んで字のごとくである。

伊達は6月15日をもって銀髪になった。

質問ある? ない?そっか。

じゃあ逆に聞きたいんだけど、なんで俺銀髪なの?

思えば二日後の17日は友人の結婚式であった。

地元の友人である新婦と、高校の同級生であり元バンドマンの新郎。

行くしかねぇ。だが待てよなんだよこの髪の毛。

立派な銀!谷でも銀!やわらでも銀!

僕はゴミ箱に捨てた染髪剤のパッケージを拾い上げて確認する。

長い髪とセクシーな唇のおねえさんが写るパッケージには

『根本も毛先もムラなくキレイ』 と書いてある。

どうりできれいな銀髪である。ちがう。そこじゃない。

おねえさんはどう見ても銀髪ではないし、その横にはクールアッシュの文字。俺のアタマは銀。

なんだこの遊戯王カード買ったらアルカディアス当たったみたいなやつ。おかしいでしょ。

人にもよるだろうが少なくとも今はWブレイクも進化クリーチャーも全く求められていないのである。

俺は結婚式に行く!クールアッシュをゲット!銀髪にワープ進化!

なんだか楽しくなってきた

もともと僕は金髪であった。

正確には、元あった色が光の速さで抜け落ちて金になってしまっていた。

根本は真っ黒。いわゆるプリン頭だ。

戦友のめでたい席に田舎のヤンキーみたいな髪で臨みたくなかった。

染めるか… でもさすがに美容院行く時間ねーな…

この時から歯車は動き始めていたのである。

薬局で クールアッシュ なる色の染髪剤を購入。
ふむふむなるほど。割と明るめだがなかなかいいじゃない。

ただ染めてもどうせ速攻色落ちするんだよなぁ。

ここは結婚式の数日前に染めるのが吉である。

そしてきたる15日。

薬剤1と薬剤2を混ぜ合わせ、シャッフル。

両手にゴム手袋をつけ、髪の毛全体にそれらをまんべんなく塗り、頭にラップを巻いて寝かせること30分。

みごとな銀!!谷でも銀!!やわらでも銀!!

もう逆に北斗の拳のトキのコスプレとかして行けばいいんじゃないのか。

大須あたりを練り歩くコスプレイヤーみたいな髪の毛を見つめながら鏡の前で30分ぐらい動けなかった。

どうすんだよ。どうすんだよこれ。

もういっそのこと笑ってほしい。そして強く抱きしめて欲しい。

それからというものお風呂のたびに数回シャンプーしたんですが、

多くの髪の毛たちを犠牲に、あり寄りのなしくらいまで色が戻りました。

同級生たち「だ、だっちゃん髪の毛すごいなw」

ゲヘヘスゴイデショ

なんならこの髪の毛で乾杯の音頭とかやりましたからね。

司会の方「それでは、二人の結婚を祝し、乾杯の音頭を伊達智彦さんにお願いしようと思います。」

隣の妊娠8ヶ月の妊婦さんのお腹に生命の神秘を感じ中僕「 ?笑 」

あれね。アドリブでくるパターンのやつね。わかるよ。

ギターも日本語もアドリブ上手くなりたいよね。

中盤では僕の友人たちが新郎にアドリブでMy first kiss を歌わされて大変なことになっていた。

このゆるさもここまでくると一つの個性みたいなもので、そこがなんか憎めないというか可愛いとすら思えるからすごいよな。

僕からするとただの幼馴染の元カノだった新婦と、喋ったこともない高校の同級生だった新郎。

不思議なことに気が付きゃこの6年くらいで僕が心から幸せを願うカップルの1つになっていたし、その二人がこの度晴れて夫婦となったのだ。ここまで見届けることができて本当に嬉しく思う。

何があるかわからんな。きっとこの先もそう。不安だし、面白い。

まぁたくさん山場を越えてきたのを横目で見てきたので、二人のことは心配してないけどね。

明るく、暖かい家庭を築いていってください。

お幸せに。

おしまい